ゴッホ展~巡りゆく日本の夢

東京都美術館で1月8日まで開催されている「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」を

見てきました。

ゴッホ展チラシ

 

ゴッホ大好き!

 

ゴッホは大好きな画家なので、色々な展覧会に行っていますが

今回は、日本との関りをテーマとしているとの事で

どのような構成なのか、出品作はどのようなものなのか、

開催前から楽しみにしていた展覧会のひとつです。

 

事前に内容を確認してしまうと楽しみが半減してしまうような気がして

ざっとホームページだけ確認して出かけました。

 

浮世絵

ゴッホは日本の浮世絵に興味を持ち、

影響を受けていたという事は以前から知っていました。

 

今回の展覧会では、浮世絵との関連性、という事で

まずは、葛飾北斎と歌川広重の有名な浮世絵

「神奈川沖浪裏」「大はしあたけの夕立」を見ることができました。

 

この2点はとても好きな浮世絵で、ずっと見たいと思っていたもの。

 

思わぬ場所で見ることができて感激し、

ゴッホもこれを見たんだな、と思うと

今まで全く感じなかった親近感のようなものが

不思議と湧いてきました。

 

アルルと日本

 

ゴッホは日本の夢を南フランスに求め、パリからアルルに移ってきます。

 

私の中のイメージではアルルは太陽の光がさんさんと降り注ぐ

とても明るいイメージの場所で、日本とは全く違うという認識ですが、

ゴッホは重ね合わせて見ていたのですね。

 

明るい光の注ぐ日本に思いを馳せたたくさんの絵画が展示されています。

 

それは、私が今までゴッホに抱いていたイメージである「狂気」「悲しみ」とは

まったく無縁の世界の絵画だなと感じ、今までゴッホに全く感じなかった

温かい気持ちが心の中にあることをとても不思議だなと思いました。

 

もちろん、今までのイメージも感じる絵画もあるのですが、

こんなにも穏やかな気持ちでゴッホ展を見終えることができたのは

もしかすると初めてだったのかもしれません。

 

ラングロアの橋

 

また、今回の展覧会の開催にあたり、

ゴッホの幻の作品「恋人たちのいるラングロワの橋」の一部分から

の復元作業が日本人の方の手によって行われており、

そちらが公開されています。

 

 

展覧会公式サイトhttp://gogh-japan.jp/

 

最後に、グッズ

 

まずは図録

ゴッホ展図録

 

ロクシタンとのコラボ

ロクシタンコラボ

中にはミニサイズのハンドクリーム3本が入っていました。

 

あとはトートバッグとノート

ゴッホ展

かわいい♪

 

日曜日だったため、だいぶ混雑していましたが、

特に待ち時間もなく、割合すんなりと入れましたし、

快適に見ることができました!

 

また、次の展覧会が楽しみです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です