直島来訪2回目その3~護王神社

以前からずっと来たいと思っていた護王神社。

写真家で現代美術界を牽引するアーティストである杉本博司さんの作品です。

 

杉本博司さんに興味を持ったのは、1回目の直島で「タイム・エクスポーズド」をベネッセハウスミュージアムで見てから。

 

海と空しかないモノクロの写真に心を奪われ、大変な衝撃を受けました。

 

杉本さんは、小田原に「江の浦測候所」という施設を最近オープンされ、

そちらも行く予定で予約を入れておいたのですが、

台風の直撃による悪天候のため、キャンセルになってしまいました。

 

さてさて、護王神社ですが、

南寺から割と近く、細い坂道(山道)を登り切った先にあります。

護王神社

 

古美術商をされていたそうで、日本古来の伝統にもとても造詣が深い杉本さん。

 

整然と美しい神社ですが、奥の階段は光学ガラスでできており、

地下へと続いています。

 

直島来訪2回目その4に続く→

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。